沿革


昭和13年 故 谷口岩松が個人商店として創業開始
軍需商品を製造販売
昭和20年 資本金80万円にて会社を設立
車両用スチールボール、パチンコ玉の製造販売開始
平成2年 谷口友男が代表取締役社長に就任
平成8年 旭サナック製 高速ボールヘッダー 導入
平成10年 資本金1,000万円に増資
平成20年 スチールボールラップ加工開始

超精密ローラー選別機 導入
平成22年 現社長 谷口真司が代表取締役社長に就任

キーエンス製 画像寸法測定器 導入
平成25年 太陽光発電システム 導入
平成26年 超精密ダブルモーターローラー選別機 追加
太陽光発電システム 増設
平成27年 超精密ダブルモーターローラー選別機 6月追加